フォト

本棚

音楽

サイモンラトルを聴きに行く。




NHKホールに来ました^_^

渋谷と原宿の間にありますが、原宿からの方がちょっとだけ近いような気がします。

三階席と書いてあるが、実際は四階。
ううっ。遠い…。。。NHKホールは広いですね。

サイモンラトルさん➕ロンドン交響楽団を聴きに来ました^_^

サイモンさんは可愛いおじさん!といったかんじの方です。





ベルリンフィルの首席指揮者を昨年辞めて、地元ロンドンに戻って来たことで話題になりました。

ベルリンフィルを辞めた時のインタビューを読みましたが、こんな緊張感は長年続けられるものじゃないとか言っていた。
やはりベルリンフィルはかなりな緊張感なんですね。

それから指揮者を自ら辞退するのも珍しいんだとか。

ふーむ。こんなにキビシイベルリンフィルでコンマスをしている樫本大進さん、どんだけ大変なんだか…と思ってしまいました(*_*)



ところで今回の演目は




シンフォニエッタは村上春樹の小説で使われてだいぶ有名になりましたが、私は中学の時に「エマーソンレイクアンドパーマー」で聞いてそれで興味を持って原曲もきくようになりました。もう何十回も聞いた大好きな曲です。




素晴らしい演奏でした。

私はもうほんとにびっくりしました。マメールロアなんか初めて聴いたような気がしました。


シンフォニエッタも生で聴くのは初めて。
ラッパが後ろに十人ほど、ズラーッと並んでかっこよかったです。

まったく興奮してしまいました(≧∀≦)


一週間前にとったチケットですが本当に来て良かった^_^

またお金をケチらず来ようと思います。
最上階でしたが、充分楽しめました^_^





ソルベーグ

久しぶりにピアノのコンサートに行ってきました。
武蔵野市民会館。近所です^ ^

ジョス・ファン・インマゼール&伊藤綾子 さんの
フォルテピアノ・デュオ・リサイタル^_^

オール ドビュッシープログラムでした。
お二人はご夫婦だそうで、息もぴったり!

「牧神の午後への前奏曲」など
夢の様に素敵な連弾shine

フォルテピアノという楽器も初めて聞いたのだが、モダンピアノとの差がどのくらいあるのかは、良くわからなかった(猫に小判ですsweat01

主人が帰り道、「アンコールの曲、あれなんだっけ」というので、
「あんな有名な曲、知らないの?」と馬鹿にしたが、実は私も曲名がなかなかでていなかった。。。(≧∀≦)


ただ、メロディーを口ずさむと、日本語の歌詞を思い出す。

「何なにの…入り江にたてば…」
とか、「何なにの…夏…」
とか一部分だけ思い出してすごく気持ち悪い。

うーん、由紀さおりとか、クラシックのお姉さんが歌ってたかなあ。などと思って一晩経ってしまった。

翌日の夕方「あの曲、調べてわかったよ。と主人が言った瞬間、
「ソルベーグでしょ。」と言葉が出た!

自分でもびっくり‼️

ペールギュントのソルヴェイグcoldsweats01

「なんで昨日教えてくれなかったんだよ。」と言われたが、無視、無視。私も思い出せなかったとは言えない。

人間の記憶って不思議ですね。
あんなに考えた時は全然なのに、突然思い出せたり。

その後、

ソルベーグ=日本の歌詞で検索したらなんと!
私が思い出しかかっていたのは、大貫妙子さんの「みずうみ」という曲でしたら、

昔、大好きで何十回と聴いたアルバム。

歌詞は「みずうみの入り江にたてば、」であった!

あはは。

これからもう一度聴いて見ようhappy01

notes


YouTubeで「みずうみ」を探したが見つからなかった。
代わりに懐かしい曲をみつけたので。

大貫妙子の横顔


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

イギリス旅行 リージェンツパークでオペラを観る

ノッティングヒルを後にし午後はリージェンツパークへ。リージェンツパークの中にある野外劇場オープンエアシアターでオペラ「ねじの回転」を観ます。

まずは最寄駅ベイカーストリート駅へ。

baker streetといえば、あれですねあれ!





はい! シャーロックホームズさんですねhappy01
なんて凛々しいお姿でしょうか。

私一人ならまたシャーロックホームズ博物館に寄るのだが。。。
今回はスルーで。。。weep




駅を降りるとすぐにマダムタッソーの蝋人形館が。こちらも長蛇の列なので、入るならかなりの時間の余裕がないといけませんね。2、3時間並ぶと聞いています。





リージェンツパークの入り口です。
綺麗なところ。。。

インターネットでチケットを予約したらこのパーク内にあるカウンターでチケットを引き換えます。
こんなことなら「自分でバウチャーを印刷。」というのを選択すればよかったのだけど、うっかり「自宅に郵送」を選んでしまったばかりに後になって「外国の人はカウンターで引き取り」に変えられてしまいました。

皆さんはうっかりなんてしないと思うけど!


公園の中にレストランがあり、良さげだったのでお昼を食べることに。



良さげといっても大したものはなく、フィッシュフィンガーのバーガーとサーモンのサラダを、これにビール大と小でしめて32.2ポンド。

軽食としたら高いけどお味もまあまあでした。

実はシアターの中にも食べるところがあって、こっちで食べたらよかったね、などと話していました。

ここのレストランの会計で私たちが2年前に持って帰ってまた持っていったお札、10ポンド札と5ポンド札が使えないことがわかりました。この2年の間にプラスチック紙幣に変わっていました。
変わったのは聞いていたけど使えないとは聞いてなかった。。。



銀行に行って取り替えなさいと言われました。とほほ。








この内側がシアターですね。




ハリネズミがマスコットだというので暑い中お姉さんたちがぬいぐるみを売っています。
私達もマスコットを買うと寄付になるといわれ、買うことにしました。

オペラは寄付がないとやっていけませんもんね。




さて、こちらがステージです。ねじの回転の舞台ですね。「ねじの回転」は恩田陸さんにも同名の小説がありますが、こちらはヘンリージェームズの原作で音楽はブリテン。ちょっと現代音楽です。

ということで私は恐れをなしていて、日本にいる間に予習をしたのですが、小説の内容も面白いし、ちょっとホラー風。音楽は現代音楽といっても全くとっつきやすく、ビデオを見れば見るほど引き込まれていったのでした。

幽霊が出てくるということで怪談のような体裁ですが、実は心理小説です。

最初のストーリーからこうなるだろうと想像することからどんどんずれていき、怖さの質が変わっていきます。

幽霊は誰に見えているのか、何を訴えているのか、良い子だと思った子供達が実際には悪いようにも思える。子供たちは何を知っているのか。もしかしたら全部が主人公の家庭教師の妄想なのでは。というふうに。

どんな解釈があるのかいろんな人の意見を聞きたくなるような内容です。
ぜひ読んでみてください。あと、オペラもご覧になってください。
ブリテンがこんなに良いと思ったのは初めてです。






私達は左側の席でしたがこちらは日陰。
右側はかんかん照り。いくら日光浴の好きなヨーロッパ人でも暑すぎました。途中で席を立って涼みにいくひともちらほら。

幕間ではアイスが飛ぶように売れていました。



赤いシャツがアイス売り。


こんな様子を前にブログに書いてくださった方がいて、これは夏は絶対左側だね。と私は思ったのですが、現地の人はまさかブログをチェックしてからチケットを買う人もいないでしょうからね。


夜ご飯は今までのパターンだと食べないで寝ちゃうのですが、お昼が軽かったので何か食べようかなと。

日本にいる時から、私は2年前にヴィクトリア駅で買って食べた「わさび」の寿司が美味しかったので、毎日でもいいよ〜。と言っていたのですが、実際2日目でもう「わさび」登場。








こんな感じのを食べました。
ごめんなさいこちらの写真撮るのを忘れ。借りました。

主人のはこれです。



豆腐照り焼きサラダ。って書いてあります。

主人は昨日の夜も和食で照り焼きチョイスだったなと思いながら。

サラダは5ポンド50
寿司は8ポンド10でした。

私たちが泊まったホテルは高級ホテルじゃないのですが中央にあり便利です。

で、冷蔵庫の中身、全部食べても飲んでもまた次の日補充してくれるのです!
ビールや水、チョコポテトチップ、コーヒー紅茶、ビスケットなどなど。

私はタダだと思って毎日コカコーラを飲んでしまいました(ぽりぽり)

Wasabiのお寿司はご飯が甘いのが気に入ってます。
あと、なんだか知らないけどやたらと枝豆(私の言語だとズンダ)が付いてきます。
どうやらここロンドンでは
和食=へるしー=ずんだ。みたいですね。

とりあえず、アイフォンのApple IDのパスワードを変更して一安心?

安心かどうかもわかりませんが、この日はぐっすり眠りました。












イギリス旅行 ノッティングヒル ポートベロー

ロンドン2日目です。ホテルに着いてまずすることは?
wifiの設定ですよね!

で、ホテルのパスワードは?と尋ねたら、パスワードいらない、と言われた時から嫌な予感が。

昨晩無料Wi-Fiに繋いで眠って3時ごろに目が覚めてスマホをいじったら。。。
いじれない!

全然動かなくなっていた。

「すまほの乗っ取り…」という言葉が頭の中をぐるぐると。。。恐怖!!!

結局いろいろやったけど何にもわからず、後はスマホはもう使わないことに。

私のスマホはこのときから単なるカメラになりました。
みなさん!絶対外国で無料Wi-Fiを使ってはいけませんよcatface(国内でも!)

この時は心の底からケチらずにモバイルワイファイをレンタルすればよかったと思った。

夜中の3時からずっと起きていたので2日目はめちゃめちゃ眠いです。うう!最悪。。。

でも、予定通り午前中はノッティングヒルのポートベローマーケットに行きますよ!

私が予定を立てるなんて珍しいのだが今日は土曜日なのでアンティークの市がでます。



チャリングクロス駅からノッティングヒルゲートへ地下鉄で。
なんか良いですねー。歴代王様のイラスト。



ノッティングヒルはおしゃれな街。映画「ノッティングヒルの恋人」で見たとおりですね。



あ!




トイレの上についてるぐるぐる回るやつ。
ここで見ると可愛い。






結婚したばかりのお二人。



お面の専門店でした^_^
皆さん興味津々です。










朝一なので人はまだそれほどでもなく。
おしゃれな家の前で皆んな記念撮影…bearing



ガイドブックに出てくる有名な通り。
カラフルなんですよ。壁の色が!
可愛いですね。
土曜でなくても常設店は毎日(日曜は休みかも)アンティーク店やってます。



人がいっぱいになってきたし、スマホが気がかりでイマイチでした。
アンティークは沢山あったけど買いたいものが何もない。ウェッジウッドは全部偽物に見える。

銀食器に興味がないのだけど、銀食器が多い。

映画にでてきた本屋さんを探すという手もあったが、なんだか気力がなくて。
たまたま見つけた「ラフトレード」は嬉しくて写真をいっぱい撮ってもらいました。(レコードは買わず)sweat01普通買うよね。。。後悔。。。




みんなあまり買い物してないとおもった。冷やかし冷やかしww



最後にパディントンのお店を見つけました。
前部分は土曜市の食べ物のストールです。
奥のお店がパディントンの専門店。

考えたらノッティングヒルとパディントン駅は近いんですね。
記念に本を一冊。
日本で洋書を買うとバカ高いのです。ゲットできて嬉しい。真剣に読むのは初めてだし、英語の勉強にちょうど良い。

映画「パディントン2」にはノッティングヒルの恋人の主人公、ヒューグラントも出ているし、パディントンを拾ってくれたブラウンさんの役はヒューボネヴィル。

彼もノッティングヒルの恋人に友人役でていました。
(ヒューボネヴィル=ダウントンアビーのお父さん)
リンクしてますねえ!










結局殆ど何も買わず。ポートベローを後にした。

まあ仕方ないですね。
アンティークなんて買ったことないから…coldsweats01

午後はリージェンツパーク。
続く。



2つのリコーダーコンサート




たまたまですが5月の17日と19日にリコーダーのコンサートを見に行きました。

全く前知識なく、ただ近所に外タレが来たからと出かけていったこのシュテファン デミングさんの演奏。

えっえー!と思うほど驚き楽しく。
足の動きも面白く、テクニックも素晴らしい。
本当に来て良かったなぁと思わしてくれた演奏会でした。



もう一つは私のリコーダーの先生と私の友達が出演している「リコーダーオーケストラ」、「デルソーレ」のコンサート。

私の友達は以前私と同じクラスでリコーダーを習っていた人、つまり同じように初めたのに、ここまで差がつくか!ということが言いたい(^-^;

何でも練習が一番大事。
好きこそ物の上手なれ。


初めたのはもう、18年くらい前。
熱心に練習してればこんな風になれたのかも、と思ってしまいますね。(実際は絶対無理。)


ドレスもキラキラするし、とにかくみんな上手い!

息系の楽器は、あがり症だとすごく苦しくて上手くできなくなる。
そういう意味でもみんな凄いです。




良い演奏を沢山聴いて自分も練習するか。。。
否。さっぱり練習に向かわない私ですwobbly





ハリー王子、ご結婚おめでとうございますcrown

お祝いに私もイギリス人が大好きなヴィクトリアンサンドイッチケーキを作ってみました。

中にはジャムやカスタードやクリーム、何を挟んでもいいらしいですよ。
私は甘さ控え目のイチゴジャムとクリームにしました。



今BSのDlifeで放映されている「ブリティッシュ ベイク オフ」
この第一回目の課題がヴィクトリアンケーキでした。

ただ素人がケーキを焼くだけで面白いのか?— 面白いのです。というキャッチフレーズでしたが、本当にそうなんです。

素人さんのやることってわざとじゃないから面白いんですね。
それに加えてイギリス人て、私達日本人やアメリカやフランスなどでお馴染みのお菓子のことを全く知らない。イギリス特有の菓子プディングとかハエケーキ(見た目がハエだかららしい)とかピーターラビットにも出てくるローリーポーリーとか、そんな風なのがメジャーらしい。というのが驚きでした。

そんなマイナーなお菓子作りがとても面白いです。
そしてついつい自分も作りたくなってしまうのです。


また、この番組の影響で何か作ってしまうかもしれませんね。変わったものにチャレンジしたいです^_^

ラフォルジュルネへ行ってみました☆

五月は毎回帰省か法事のため、初めての東京で過ごすゴールデンウィークです。
一度行ってみたい!と思っていた「ラフォルジュルネ」。初参加!
今回は初めてということもあり、様子が分からず二公演のみです。



池袋の東京芸術劇場コンサートホール。
30年ぶり(正確には28年)に訪れました。前回来たのはこけら落としの時、シノポリのマーラーを聴きました。あの時はシノポリさんがあんなに早く亡くなるとは思わず何度でも日本に来てくれると思っていました。
今思えば貴重な体験でした。




ひとつめはヒンデミット。
とても素晴らしい曲で、何故もっと日本のオケはヒンデミットをやってくれないのかな?と思います。
井上さん、やってください!

…と、指揮者は井上道義さん♪
お話がとても面白い🤣
わかりやすく身振り手振りで曲の解説をしてくれました。もっとお話聞きたいくらい。




私達の席の隣の隣の隣に
小池真理子都庁さんが座りました!
なんかキラキラしてました🤩

一階通路の一番前が一列全部空いていたので
招待席かなと思ってましたが。




二つめはチャイコフスキーとプロコフィエフ。
二階の一番後ろ隅でした。
ここは1500円。隅でも充分楽しめました。
お得なコンサートですよね😃

もっとチケットを取っておけば良かったと後悔しました。
来年はもっと行く!





のんびり連休ムードでバナナケーキを作ってみました。
重曹を入れるとあったので入れてみたらなんか全体が茶系に。
いつもは重曹を省くので白いのになあ。と思い、どうしてベーキングパウダーにプラス重曹を入れるのかが、長年の私の疑問です。
調べたらすぐだから調べればいいのにね(^_^*)

大萩康司さんを聴きに行く

上野の東京文化会館で大萩康司さんのギターを聴きました。




前半は、
ロベール・ド・ヴィゼーのリュリの「ヴェルサイユの洞窟」序曲
バッハの「リュート組曲」

めっちゃバロック!

後半は、
平野一郎さんの「ギターラ」

大萩さんが委嘱した、つまり世界初演!

めっちゃ現代曲。ギターを立てて演奏!とかも。
私の前に作曲家の平野さんが座っておられ、
何故かわたしがとても緊張しました。

この日は、近くに鈴木大介さんや福田進一さんも。
福田さんのツイートには、「一昨日、東京文化会館で鈴木大介が初演した酒井健治作品、今日、同じホールで大萩康司が初演した平野一郎作品。作曲家の作風に大きな違いがあると同時に、スタイルの違うギタリストを続けて聴けて感無量。音楽は着実に次に受け継がれて行く。」とありました。んー。そうなんですね。

とにかく初演作品を聴くのっていいですよね^ - ^

前半はおしゃべりなしで、あれー?と思っていたら
後半になり、喋る喋る。
「ひねくれた性格だからクリスマスの曲は絶対弾かない…LOL」などとお茶目満載^_^

基本、おしゃべりの好きな方だと思うし
話の中身もなんか楽しいですね。

さてその後また上野パルコを流して御徒町にきました。

またまたパンダを見つけパチリ。




あー早くパンダの赤ちゃん見たいねと、
会う人会う人みんなに言っている私です。






これは上野公園のイルミネーションでした。
上野は外国からの旅行者が多いですね。


ぺぺロメロさんを聴きに

9月の終わりに浜離宮ホールへペペロメロさんのギターリサイタルを聴きに行きました^_^
曲目は人気の曲ばかり!

そして、ほんわかしたトーク。

ちょっとさびしげな曲でも彼の明るいキャラクターで会場は楽しい雰囲気に。

私の隣の席の御夫婦は途中休みに、
「これじゃまるでクラッシックじゃないかよー」「だってクラッシックギターって書いてあるんだから、クラッシックなんじゃないのー?」
「俺はもっとガチャガチャしてんのかと思ってさー。」と謎な会話をしつつcoldsweats02

演奏中もガサゴソ、めっちゃ気が散るし、アンコールの時も「もう弾くなー」と言い出すし。
なんで帰らないんだろうと、不思議に思いました。。。shock

しかし、ぺぺさんのキャラがハッピーで
結局は楽しい時間になりましたshine

ぺぺさんはお父さんやお兄さんと一緒にグループで活動していたそうです。
考えただけでもたのしそうですね。
その頃はバリバリだったでしょうね^_^

ところで私のギターレッスンは
まずスラーのスケール練習から、アルペジオ練習、カルカッシの練習曲などから始めます。
最後に小品を2,3弾きます。

先々月、先生からあなたはアルペジオが得意だからアルハンブラを弾いてみたら?
といわれ、
「え!無理!」と思ったのですが
ぼちぼちと練習はじめると意外にも
とても楽しい事に気付きました。

弾き始めるとなかなか途中でやめられない!
楽しくてたまらなくなる。
名曲といわれるだけあるなぁとしみじみ思いました。
まだまだ曲になりませんが
はやくアルハンブラぽく弾けるようになりたいですね!

さて、ぺぺさんの生アルハンブラ宮殿もこの日聴けました。良かったです^_^

畠山美由紀さんのコンサート


4/30。畠山美由紀さん、ソロデビュー15周年記念コンサートに行って来ましたkaraoke

.
最初はキリンジ弟の泰行さんが楽曲「若葉の頃や」を提供したというので、聴いてみようかなー。などとゆるゆるした気持ちだったのですが、何度か聴くうちにすっかり…しっかり?とファンになってしまったgood
.
それからもう10年以上たちます。
彼女が気仙沼の出身ということは、震災後に知りましたbar
彼女のふるさと愛がすごい!
岩手の「いちご煮」のコマーシャルソングがすごい!
.
コンサートにはゲストが6人ほどきました。
それぞれ皆んな個性的だし、歌上手いし素晴らしかった。。
それから、ゲストを紹介する美由紀さんのお人柄が素晴らしいなあshine
.
グループ魂のギタリストは福島出身。
ふたりで地元の好きなもの歌うの、しみじみしてよかったし、泰行さんと二人の「若葉の頃や」デュエット、初めて生で聴いて大感激でした。う〜ん。いい曲!
.
ほんとに幸せなひと時でした。
.
おみやげに新譜のCD貰ったし、15周年記念ボックスも買い、
あと何ヶ月かは幸せ感続く。。。shine
.
Img_3218
.
Img_3220

ティツィアーノとヴェネツィア派とアンドレアス・シャーガを観に行く

上野に行くので,ついでに観た

「ティツィアーノとヴェネツィア派。」
.
サロメとかユディトとか、最近ドイツ方面の美術展でも観たのですが
ドイツとイタリアではだいぶ女性の感じが違うんですねhappy01
.
イタリアの女性の方がぽっちゃりしてるというかいい人そう!
ドイツの女の人はきつそう!ガリガリ。
そこが面白いです。
.
すいません、幼稚な感想しか言えなくて。
.
Img_2922
.
Img_2926
.
上野は芸術の街。
謎の物体がゴロゴロ。
.
私が若干デブに見えるのは球体のせいです!
.
この日は寒く、まだまだ桜は蕾。
だけど、もうすっかり提灯とか巨大なゴミ箱とか用意がされていて
宴会の用意はばっちり!感の強い上野でした。
.
この日のメンインは上野東京文化会館のアンドレアス・シャーガーのコンサートです。
彼の新婚ホヤホヤの奥さん、リディア・バイチさんの二人のミニコンサートですね。
ホールも小ホールです。
.
Img_2936
.
二人は結婚してまだ1週間。舞台でもイチャイチャしてましたなあ。
.
シャーガーさんの歌声はもう最高で、ほんとに素晴らしい。
.
幕間にトイレに並んだのですが、私の後ろにおばあさんがいてその方が、
「私は80歳になるんですが、今日はもう彼にメロメロよ!」
とお友達にしゃべっていたのが印象的でした。
.
テノール歌手はやはり声の良さ、歌のうまさですねえ!
シャーガーさんはまあまあの容姿ですが
そうねー。。。歌が上手いからのおばあさんのひとことですよねhappy01

より以前の記事一覧