フォト

本棚

« イギリス旅行 ウェストミンスター寺院とリバティ | トップページ | イギリス旅行 ナショナルギャラリー »

イギリス旅行 コッツウォルズへ

5日目、ロンドンを離れ今回唯一の観光バス旅行bus

現地で募集している日本語のガイドがついた、日本人向けツアーで現地の日本人、旅行者混ざってのお出かけです。

朝御飯を6:30に食べて、地下鉄へ。というのは
8:00グロースター駅前に集合だから。

は、早い!

しかし、コッツウォルズへは2時間くらいかかるのです。




バス乗りました。38人くらい参加だそうです。
思っていたより大きいバス。ロンドン市内では日本人にあまり合わないのに、こんなに沢山集まるなんて!

恐るべし、コッツウォルズcoldsweats02


昨日ロンドンについたばかりの人もいますよー、といいながらも、ガイドさんが猛烈に情報を吹き込んできます。眠りたくても無理ですねcoldsweats01





少しいくと、田舎の風景に。


さあ、2時間たちました。

最初の村は「バイブリー」英国で一番美しい村と言われています。




きれいshine

美しい!

皆んなが憧れるのも無理はないですね。





着いてみると、中国の大型バスが何台かと、日本のが何台か。だいぶアジア人が多い!

若い皆さんはネットで色々情報を集めて、色々詳しいようですが、私の同行者は素人丸出しでピーターラビットのいる村と勘違いhappy01
まあ、いいでしょうcoldsweats01




こんなところに住めたら良いなぁとおもいますが、
有名人が移り住んでいるような高級住宅地であるということがわかりました。
ここのお家はとても高いそうです。



このお土産やさんでジャムやミードという蜂蜜酒、ティータオルなどを買いました!







アンティークショップもありました。











次の村は「ボートンオンザウォーター」
川沿いに綺麗な家々。





ここでお昼ご飯になりました。


自由なので、パンを買って川沿いで食べる人、美味しいレストランに行く人、色々ですが、私たちはパイの店に入ってみました。

写真撮るの忘れたのは、二人とも猛烈に不機嫌になったからでした!
何しろ、団体行動が苦手な私の同行者。
お昼を巡ってちょー不機嫌に。それから方向音痴なのに自分の主張を曲げず何時も迷い道…

まあ、なかったことにしてあげますがbearing











この、綺麗に石を積み上げた壁。美しいですね。




3つ目の村は「ストウオンザウォルド」
アンティーク雑貨のお店が沢山あるとか。

しかしここでもアンティークにピンとこない私。
アンティークには向いてない。。。







ここでまた少しお土産を購入。
人気のショッピングバッグやクロテッドクリーム。
玉ねぎを煮たジャムなど。

それからツアーの特典として、大きなマフィンとクロテッドクリームをもらいましたheart04
次の日に食べましたが美味しかった!



ショッピングの後に、小さな教会に入りました。











何というものなのかはわかりませんが、お祈りをするときにヒザに敷くクッションだと思うのですが名前がわかりません。「ひざぶとん」かな?一つ一つが手作りで可愛いんですよ。




最後の村は「チッピングカムデン」
絵本のような中世の世界。

最初の村と比べると家の壁が違うのがわかります。
石が違うのね。




大きな通り沿いにホテルなどがあり、ツアーの中の何人かはここのホテルに泊まるため、ここでお別れしました。
バスと離れてどうやって帰るのかなあ。。?







ここに大きなお屋敷があり、ガイドさんのおはなしでは三億で買い手がついたとか。

不動産屋さんも眺めてみたけど、やはり一軒一億円はしそうでした。人気の街なのだ!









ここでも教会を見に行き、またあの「ひざぶとん」をみつけましたhappy01








村の外れには、茅葺きの家も。
維持が大変そうだけど、ほんとに綺麗ですね。
住んで見たいわあ。









最後に眺めた風景も素晴らしく美しい。
イギリスって山がないので平らなんですねぇ。



この日はサッカーのイギリス戦がありまして、各パブが大変な騒ぎになりそうでしたが、あえてパブに出かけました。

案の定満杯で、パブの二階へ案内される。

小さなレストランで不安でしたが、フィッシュ&チップスもサラダも想像以上に美味しくて、ラッキーでした。
壁に、英国なんとかが選んだ美味しい店に選ばれた、と書かれていました。




下の階から時々歓声が上がっていたのは、イギリスチームが活躍していたからでしょう。

ホテルに帰ってニュースを見ると、渋谷の交差点のサッカーファンみたいな大騒ぎな風景がhappy01

でもかつての「フーリガン」はもういないみたいですねconfident

« イギリス旅行 ウェストミンスター寺院とリバティ | トップページ | イギリス旅行 ナショナルギャラリー »

イギリス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224556/66985940

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス旅行 コッツウォルズへ:

« イギリス旅行 ウェストミンスター寺院とリバティ | トップページ | イギリス旅行 ナショナルギャラリー »