フォト

本棚

« 恵方巻き | トップページ | サロンドショコラに行く »

イギリス料理。パイの回

イギリス料理の会、4回目は、
「パイバードを使ってパイを焼く。」でした。

パイバードは、パイファネルPIE FUNNELといってパイが吹きこぼれないようにする煙突の役目をするものです。パイチムニーとかいろんな呼び名かあるらしいのですね。

そして形も煙突型、ぞう、鳥、人形型など様々あるらしいのですが、
イギリス人は特に黒い鳥が好きみたいで
どこの家庭の台所にも2、3羽のブラックバードが
ちょこっと棚に乗せられているらしいです。
想像すると可愛いですね。
.
.
なんでブラックバードかというと
マザーグースの中にこんな歌があるそうです。
私はエルキュールポアロさんの ドラマの中で見たことがあります。

「6ペンスの唄」

6ペンスの唄を歌おう
ポケットにはライ麦がいっぱい
24羽の黒ツグミ[3]
パイの中で焼き込められた

パイを開けたらそのときに
歌い始めた小鳥たち
なんて見事なこの料理
王様いかがなものでしょう?

王様お倉で
金勘定
女王は広間で
パンにはちみつ

メイドは庭で
洗濯もの干し
黒ツグミが飛んできて
メイドの鼻をついばんだ

Sing a Song of sixpence,
A pocket full of rye,
Four and twenty blackbirds[3],
Baked in a pie.

when the pie was opened,
The birds began to sing,
Was not that a dainty dish,
To set before the king?

The king was in his counting-house,
Counting out his money,
The queen was in the parlour,
Eating bread and honey.

The maid was in the garden,
Hanging out the clothes,
There came a little blackbird,
And snapped off her nose.

wikiより。原題は "Sing a song of sixpence" といい、数ある『マザー・グース』の中でも五指に入るほど愛唱されている唄である[1]



こんな風に真ん中に乗せるのだ。
これはアップルパイでした。




こちらはチキンポットパイ。
チキンとマッシュルームのクリームシチューのようなものを
パイで蓋をして焼いたものです。
美味しい。
もしかして、すごーく気が向いたら
いつかパイを焼くだろうと思って、
一匹、ブラックバードを購入してきました。
うーん
焼くかなー?
.

« 恵方巻き | トップページ | サロンドショコラに行く »

お菓子」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224556/64931611

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス料理。パイの回:

« 恵方巻き | トップページ | サロンドショコラに行く »